私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

愛の夢をくれ⑥

その後、私たちは付き合うことになったのだが、件の彼女に話すのが躊躇われた。

彼女は別に、Oさんが好きな訳でもはないのだから、気にする必要はないのだろうが、ある意味 私の仄暗い嫉妬心から始まっているので、罪悪感が私の内にあった。

かと言って、会って話すのはしんどいので、電話で「Oさんとつき合うことになった」と伝えた。

「あ、そんなんやー。うん気にせんといてー」

その後、二度と彼女に会うことはなかった。

今どうしているのかはもう分からない。こうやって書いてみて、久しぶりに思い出すだけだ。



余談
ある時、彼女と彼女の友達と、3人で飲んだことがあった。その時は楽しかったが、また別の機会に、彼女の家へ遊びに行った時に「今日二人だけで飲んだことは、あの娘には内緒にしといて。私だけ呼ばれなかったって知ったら傷つくと思うねん」と言われた時に、「そうやね」と言いつつ、頭に(?)が浮かんだ。
あぁ、友達が可哀想な体で、実は「2人だけでズルい」とか責められて、自分が傷つくのが嫌なんだなと思い至った。

しかし、こちらが傷ついたことには気がつかない。いや、私自身も気づいていなかった。
逆に本音を言ってくれて、あの友達より私の方が仲良しなのかも、と馬鹿なことを考えていた。

そういう「間柄」がある。
お互いが自分のことしか考えていない関係。
言い換えれば「若い」という事かもしれない。


f:id:sorominoko:20170629092514j:plain




Oさんと付き合ったことで、何かやり返した感があったことは否めない。

そうか!マウンティングってやつだ。ずっとそうされていた感じがしてた。だからやり返してやったと感じるのか…



今回は話が逸れた。書いていると、自分は人間らしいなぁとつくづく思う。妬み嫉み恨み辛みをキッチリやっている、うん。

愛の夢をくれ⑤


「泊めてくれるんですか?」

「もちろんです」

そんな話をした後、しばらくして例の彼女が男性連れで店にやって来た。

彼女と連れの男性と一緒に飲むことになり、しばらくは楽しく空になったグラスを「おかわり」とマスターに差し出しては飲み続けていた。

突然、酔いが回った連れの男性の発言にムッとした〇さん。
(怖い怖い、大丈夫か?そんなこと言って)とハラハラして会話を聞いていた。

喧嘩になるかと思いきや、〇さんはスッと立ち上がり「ごちそうさまです」と帰ってしまったのだ。

私は慌てて、追いかけて行った。


(泊めてくれるっていったじゃん!)

そう呟きながら、重いドアを開けて外へ出たが、
(あれ?いない・・・怒って帰っちゃったか・・・)

ガッカリして帰る方向へ歩き出した私の目に、人影が映った。

(あ、待っていてくれた)

「泊まっていいんですか?」と再び聞くと「いいですよ」と。


そのままNさんのアパートへ。
ベッドで一緒に寝た。


残念ながら、ただ寝ただけ。添い寝ってやつ。

だが、告白はされた。
好きだと。

泊めた彼女と私は仲が良いとマスターに聞いていたから、そのことは早く言わなければと思ったこと(知ってたら泊めるなや)。

さっきは約束を忘れていて帰ろうとしたが、そうだ、泊まるって言ってたっけと思い出して戻ってきたこと(なんだと!?)。


まったく。
酔っ払って始まった付き合いは、始終酔ってないと上手くいかないのかもしれない。



f:id:sorominoko:20191213213720j:plain

愛の夢をくれ④

愛の夢をくれ③ - 私の成分

Barへ通い出して何度目かに、あの最初に見た常連さんに、会うことができた。


あれ・・・?なんか違う・・・。


そう、髪を切っていたから。

エレカシの宮本さん似と思ったのは、髪が長めだったからなのか?
いや、やっぱり顔は似てるか?
どちらかというと、無口そうな印象。
マスターが間に入って、話を振ってくれたので、色々話した…(確か)


私達は、Barが開く19時過ぎに、よく一緒になった。そこからずーっと日付けが変わるまで飲んでいた。



話は飛ぶが、このお店で知り合った女の子がいた。
看護師さんで、お酒が強くて、サバサバしてて、ボンキュッボン(古)のナイスバディで。


今思えば、この人も私と一緒で、ちょっとめんどくさいタイプだった。
サバサバしているけど、酔うと男性にしなだれかかる。「朝まで一緒に・・・」なんてよくあること。

今なら分かる。
心の穴を埋めようとしていたのだ。私達はよく似ていた。

その彼女から「あたし〇さんのトコ、泊まってん」と聞いたときは、軽くショックを受けた。
明らかに彼女はモテるタイプだ。
〇さんもそうだったのか・・・あの場所から「お持ち帰り」とかするんだ・・・

「でもさー、一緒の布団で寝たのに、結局なんにもなかったんよ。チューくらいはあるかと思ったのに」

彼女はそう言った。よしよし、そうでなきゃ。

「そーなんやー」と笑って応えながら、私の心に(負けたくない・・・)という気持ちが湧き上がっていたんだから、女とは怖いものだ。


次の日、店を訪れるとしばらくしてから〇さんがやってきた。

私から敢えてその話を振ることはしなかった。(話を聞いたってこと黙っててと彼女から言われていたし)
だがしかし、〇さんの方から話しだした。

「この前ウチに〇〇さんが泊まっていったんですよ。ずいぶん酔ってて、帰れないって言うんで」

(余談だが、〇さんは大阪生まれなのにベタな関西弁じゃなかったのも色々 勘違いした所以である)

「へ〜、そうなんですか〜。いつもそういう人、泊めてあげるんですか?」
と意地の悪い気持ちで聞いてやった。

どう答えたか忘れたが、「じゃあ、私も泊めてくれるんですか?」
と彼女への対抗心もあり、嫉妬心も入り混じりつつ、尋ねた。

「もちろんですよ」

(なーんだ、そうなんだ)
嬉しいような、ガッカリしたような。

他人に対し、この人はきっとこういう人だろうと、勝手に思い描いていると、大抵 裏切られる。

この時〇さんに対しては、良い方に思い描いていたから、(彼女に押し切られて泊めたんだろう)と決め込んでいた。

けれど本当は違っていたし、この先何年も続く【勘違い思い込み人生】のはじまりはじまり…の出来事だった。


f:id:sorominoko:20170423225643j:plain