私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

愛の夢をくれ②

1998年、私は既婚者とつき合っていたが、相手は二つ歳下だった。
不倫ではあったが、全く悪いと思うこともなくつき合っていた。何故なら、相手から言い寄ってきたからだ。

「私は別に好きじゃないけど、奢ってくれるし、毎日(と言っていいほど)会いにくるし、我が儘言って嫌われて、離れていっても全然構わないし」

相手に気を遣わずにつき合えるって、なんて楽なんだろう、なんて自尊心を満足させられるんだろう。2年ほど付き合ったが、体の相性も良かったので、かなり満たされていたと思う。

けれど、決してこの先一緒に暮らしていける訳では無いので(その気もなかったし)、35歳で田舎へ帰る、となぜか心に決めていたのだった。


ある時、美容室のお客様が、私の家から自転車で五分の場所にあるBarへ連れて行ってくれた。

居酒屋か焼き鳥屋にばかり飲みに行っていた私は、Barという場所に興味津々だった。

カウンターの隅っこに座った私達。
楽しく飲んではいたが、私は、自分よりも先に居て、自分よりも先に帰らない、いわゆる「常連さん」というものが存在し、それって羨ましいなぁとぼんやりとその人達を見ていた。
男性ひとり、女性ひとりが隣合って座っていた。その時は(夫婦かな?)と思っていた。


お客さん「ここならひとりでも来れるんちゃう?」
私「うん、頑張ってひとりで来てみるわー」

確か、次の日すぐに行ったんだと思う。
もう記憶はあやふやだが・・・


f:id:sorominoko:20170315152914j:plain
お店、写真検索したら出てきた。

愛の夢をくれ

前提。私は承認欲求の鬼である。あと、受け身。

なので、男性に「可愛い」と言って欲しい、大事にして欲しい気持ちが多くあると自覚している。

そのくせ女性らしい可愛さとは無縁だと思い込み、「カワイコぶりっ子(古)なんて出来ない」「サバサバしてるように見えて本当は寂しがりなんだけど、分かってくれる人がいない」と、今振り返ると、本当に面倒臭い女であった。こういうのを「拗らせ」というのだろうか。

引き寄せの法則~さよなら大好きな人 - 私の成分
この人と別れた後、人生のモテ期に入ったのだろうか?何故かたくさんの男性が寄ってきた。
別れた後から、私の飲酒人生が始まったので、そのせいだ。きっと周りから見たら隙だらけだったんだろう。よく飲み歩いてたからなぁ...( = =) トオイメ

大体は、一、二度付き合って(・3・)アルェーっ?て感じで終了。
相手につきあう気がない場合は、それでさようなら〜だし、向こうが真剣に付き合いたそうな場合は、私がダメで。

一番長く続いたのが今流行りの(?)不倫だったというね。

その頃の私は26〜28歳、結婚は多分もう出来ないし、35歳位になったら田舎に帰って美容室をしよう、と考えていた。
もういいやー、別に結婚なんて大変だし。ご先祖さんまでついてくるし、別れるとき大変だし、男はこうやって不倫する訳だしな・・・などと世捨て人のように後ろ向きなことを考えていた。

今、46歳。
未だに神戸にいて、旦那ひとり息子ひとりと暮らしてる(愛猫は死んでしまった)。

世間で言うように、結婚してからの方が大変だった・・・のかな。もう今はそう思わないけれど。



f:id:sorominoko:20170301155717j:plain
旦那です。嘘です。
出会った時、似てる!って思ったんですけどねぇ。今はただのオッサン(笑)

かわいくなりたい⑤

今は、自分は不細工ではないのだと思えるように、なった。(これもある人のお陰である)
若い頃の自意識過剰は、まだ形を変えて私の内にあるけれど。

結局、顔は相手の好みの問題なのだ。
私の顔を褒めてくれる人もいて、その時は素直に嬉しい。
その一方で、この人の好みが私のような顔なんだなぁと、冷静に思えるようになった。

昔は褒めてくれる男性全員に、「嬉しい!あなた好き!」って、惚れる勢いだったなぁ。自己評価が低いって怖いね〜(´▽`*)


「可愛い可愛い」と言って欲しかったのは、多分親からで、親だからきっとどんな不細工(そりゃあもう鼻が上向いてほっぺたがぷちゅーっとして目が埋もれていた)であっても、可愛いと言われていたんだろうけど、そこは忘れてしまって「男の子だったら良かったのに」とか「お兄ちゃん」と間違えられたことだったり、そういうネガティブな方だけ覚えているのは、何故なのかな?

今は「少年みたい」「男の子かと思った
」は、私にとって、ほめ言葉です。
(若いって意味だよね?!という自惚れ)


f:id:sorominoko:20170221100656j:plain