私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

愛の夢をくれ⑥

その後、私たちは付き合うようになった訳だが、件の彼女に話すのが躊躇われた。愛の夢をくれ④ - 私の成分彼女は別に、Nさんが好きな訳でもないのだから、気にする必要はないのだろうが、私の暗い嫉妬心から始まっているので、罪悪感があった。(私自身、Nさん…

愛の夢をくれ⑤

「泊めてくれるんですか?」「もちろんです」と言った日に、件の彼女が男性連れでやって来た。 しばらく一緒に飲んでいたのだが、ツレの男性の言ったことにムッとしたNさん。 周りが聞いていても、(喧嘩売ってる?)って感じだったが、スッと立ち上がって「ご…

愛の夢をくれ④

私にとっての「楽園」であるBARへ通い出して何度目かに、あの最初に観た常連さん(Nさんとする)に、会うことができた。あれ・・・?印象が違う・・・。そう、髪を切っていたからだ。エレカシの宮本さん似と思ったのは、髪が長めだったからなのか。いや、やっぱり顔…

愛の夢をくれ③

仕事が終わり、早速お店の前まで来ると、大きな笑い声が聞こえてきた。(あ、これは入れない・・・)とビビった私は、帰ろうとしたのだが、(やっぱりもう一回だけ覗いてみよう)と思い、反転して再び店の前まで行き、小窓から中を覗いてみた。お店は、先程と打って…

愛の夢をくれ②

1998年、私は既婚者とつき合っていたが、相手は二つ歳下だった。 不倫ではあったが、全く悪いと思うこともなくつき合っていた。何故なら、相手から言い寄ってきたからだ。「私は別に好きじゃないけど、奢ってくれるし、毎日(と言っていいほど)会いにくるし、…

愛の夢をくれ

前提。私は承認欲求の鬼である。あと、受け身。なので、男性に「可愛い」と言って欲しい、大事にして欲しい気持ちが多くあると自覚している。そのくせ女性らしい可愛さとは無縁だと思い込み、「カワイコぶりっ子(古)なんて出来ない」「サバサバしてるように…

かわいくなりたい⑤

今は、自分は不細工ではないのだと思えるように、なった。(これもある人のお陰である) 若い頃の自意識過剰は、まだ形を変えて私の内にあるけれど。結局、顔は相手の好みの問題なのだ。 私の顔を褒めてくれる人もいて、その時は素直に嬉しい。 その一方で、こ…

かわいくなりたい④

女の子らしさを売りには出来ないと、早目に気づいた私。さらに「女の敵は女」という格言も、身にしみて育った。(嫁姑、嫁小姑等)なるべく、女子に嫌われないようにするのが得策。今でもそれは生きる術だと思っている。 誰にどう思われようが構わない、と生き…

かわいくなりたい③

小学生の間に、髪を伸ばしたこともあったが、節目節目に切ってしまうので、周りには長い印象がないだろうな。スカートは小2から穿かなくなったと書いたが、そのせいで髪が長かろうがスカートを穿いて学校へ行けば、「スカート似合わないね〜w」と言われる…

かわいくなりたい②

「男の子だったら良かったのに」という言葉は、意外といつまでも引きずるものだ。 「女らしくない」って意味だと思い込む。思い起こせば、小1まではスカートも穿いていた。スカートめくりなんてのもされていたな。スカートを穿かなくなったのは、小2の時、髪…

かわいくなりたい

赤ん坊の頃から男の子に間違えられていた。まゆ毛の太い子で、鼻が上向いた子だった。ほっぺたがモリモリしていて、鼻が埋まっていたらしい。田舎の農家の長男の、初めての子だから、また男でも女でも喜ばれたのである。そんな田舎の箱入り娘は、どこか女で…

君の往く道は7

国家試験に受かって、一年半の美容師生活に終止符を打った。なんとかそのまま仙台で生活していこうと思って、喫茶店でアルバイトを始めた。 そこは自分がよく通っていた喫茶店だったのだが、辞めたことを話したら、働かないかと誘われたので、話に乗っかった…

君の往く道は6

店長以外は女性ばかりの仙台駅前店では必死だった。 「とにかく怒られないように・・・」その思いで一杯だった。 考えると、この時点で「一人前になってやる!」という気持ちがない。できるようになるのは叱られない為だ。頑張る方向が間違っている。 一年ほど…

君の往く道は5

研修が終わり、いざ就職。 全国の店舗へ散らばって行くのだが、私の希望はもちろん仙台。年子の妹が就職するため、仙台でふたり暮らしをする段取りだった。ところが辞令は「福島駅前店」・・・なんで!?思わず涙目になってしまった。ちょっとうろ覚えだが、面…

君の往く道は4

美容学校を卒業する頃、進路相談で「エステがしたいのでそういう店がいい」とお願いしたところ、全国展開のエステサロン、「***deエステ銀座ワールド」(今は名前が違うはず)の美容室部門に就職することになった。まずは東京で1ヶ月の研修。 もう随分うろ…

君の往く道は3

美容学校へ行き、行ったからには国家試験を受け、美容師免許を取らなければもったいない。世はバブルの終焉期。 シャンプーカットが5,000円の時代。(東京ではもっと高いだろうが、仙台の駅前ではそうだった)今は美容学校も二年間通って学科と実地を受ける時…

君の往く道は2

何故わたしは美容師になったのか。元々、中学生の時に「エステティシャンになりたい」と思っていた。学校の先生に話したら、「それなら美容師の資格があった方がいい。どうやってなるかって?美容学校へ行くんだよ」と教えられ、田舎育ちの私は、中学上がり…

君の往く道は

美容師免許を取得してから26年。インターン含めると27年。 国試に受かった後、1年半ほど別の仕事をしていたので、だいたい四半世紀か。今まで美容師として働いてきたつもりだったけれど、美容師として働いてなかった、美容がそれほど好きじゃなかったという…

引き寄せの法則~さよなら大好きな人3

母親の言葉を先生達に伝えれば「ホラみろ」と言われ、更に止めておけばいいのに、もう一度ヒデキ君に電話してしまった。 「もう一度付き合って欲しい」 ・・・答えは勿論、NOでした。当たり前だ。 ジローさんと別れてから、考えたことがあった。 『次は、自分か…

引き寄せの法則~さよなら大好きな人2

本格的にH君と付き合うようになってから、M子ちゃんの態度が変わった。 私とH君が付き合う事には賛成出来なかったらしい。 もし二人が結婚したとして、親戚(義理姉妹か?)になることが嫌だったと、後にそう言われた。 友達なら、一緒に姑とのイザコザを乗…

引き寄せの法則~さよなら大好きな人

私の方が好きで好きで、告白して付き合ってもらったメガネ男子をH君とします。H 君と付き合う前は、阪神大震災後。以前 で書いた状態。 神戸在住になった訳 - 私の成分 その頃、美容室の先生の新築の家(震災寸前に棟上げしていて、無事だった)に住まわせても…

引き寄せの法則3

私はこの田舎から連れ出してくれる人が現れないかと、無意識に、それも強く、願ったようだ。 そして、この人が現れた。 神戸在住になった訳 - 私の成分 ジローさんは、それはそれは私を大事にしてくれたし、関係を維持するために頑張ってくれたと思う。 阪神…

引き寄せの法則2

その彼をN君とする。 N君は元々高校の同級生だったが、クラスが同じになった事がないし、中学も別だったので全く話しをしたことがなかった。 何故付き合うようになったかといえば、実家に出戻って幼馴染みの同級生と遊ぶようになり、「紹介するからあの子も…

引き寄せの法則

世間には「引き寄せの法則」というものがあるが、私など「お金が欲しい!」と考えたり、呟いたりしてみるものの、心底そう思っていないからか、お金が引き寄せられたことはない。ノω・、) ウゥ・・・ しかし、こと恋愛に関しては願った通りの人を引き寄せていると思…

散々な散財13

【離脱】もうダメだ・・・もうこんなこと止めよう。そう決意したのは、東日本大震災が起こり、津波によって私の身近な人が亡くなり、懐かしい風景が消え去ったせいで、精神的にかなりショックを受け、落ち込んだ私は先生に個人セッションをお願いした。その後、…

散々な散財12

【ビジョンセラピスト専門学校】ビジョンセラピストというものになるべく、計何回通ったんだったか・・・。自分の記憶力に呆れるが、忘れたい記憶というのはそういうものかもしれない。毎回10人くらいの女性達と、自分が受けたリーディングセッションの内容を勉…

散々な散財11

【ヒューマンデザインとキャラクター】パーソナルカラーの次は、ヒューマンデザインとキャラクターというセッションを受けた。「ヒューマンデザイン」は、検索をすれば出てくるし、無料で簡単な診断もしてくれる。http://humanjp.com/about.htmlここに、自分…

散々な散財10

私がセミナーを受けたのはこの人。宇宙の仕事デビュー専門学校【東京・大阪】今はすっかり名前も変わってしまったし(本人の名前ではなく、その当時は【ビジョンセラピスト専門学校】だった)、詐欺で訴えたいけど出来ない、という人がたくさんいる模様。まぁ…

散々な散財9

前回はOhカードについての話。間があいてしまったが、なかなか書き始められなかった。やはり、恥ずかしい話だからか?それともまだ笑い話に出来ないからか?承認欲求私には「承認」して欲しいと思う相手が3人いた。一人は母親一人は旦那もう一人は奥さん(私…

散々な散財8

Ohカードの一日体験した後に、すぐ一番基本のカードを購入し今に至る。 Ohカードとはこういうモノです↓ http://www.oh-card.jp/about_oh-card.html タロットカードもオラクルカードも、カードに意味があって、それを読み解くもの。 しかしOhカードは、カード…

散々な散財7

前回はシータヒーリングの話。シータヒーリングの繋がりで、「キネシオロジー」というものを知った。キネシオロジーは自分の身体が無意識に反応する(Oリングテストもそのひとつ)のを利用して、(問題についての)質問に対するYESかNOかを、身体に聞きながら問…

散々な散財6

前回はホメオパシーに散財した話。初めて出会ったホメオパスさんが何度目かのセッションのときに「今、シータヒーリングのインストラクターコースを受けてて、それが終わったらセミナー出来るんだ」と言ったので、私が「シータヒーリングってなんですか?」…

散々な散財5

前回のヒプノセラピーの話は、息子が2歳になる位の頃の話だったと思う。息子は子供がかかる病気を経て、3歳くらいから、喘息性気管支炎になった。自分が病気の場合は、なんとかなると分かっているが、子供が苦しんでいるのを見るのは堪えられない。でも、薬…

散々な散財4

産後うつをきっかけに、スピリチュアルにハマッていった訳で、今でこそスピリチュアルも下火になっていると思うが(興味を失ったせいで、視界に入らないだけかもしれない)、当時は江原啓之や細木数子、亡くなった宜保愛子など(敬称略)、テレビ番組もその手の…

散々な散財3

神戸へ来てからは、引越し貧乏だったけど、結婚するまでは、結構自分にOK出せていたつもりだ。なにせ誰にも依存せず、独りでやってると思っていたからだ。(実際はいつも誰かと暮らしているのだから、独立独歩でも何でもない)いずれ書くが、自分から好きにな…

散々な散財2

前回のは神戸へ来る前の話。仙台に住んでいる間も、家電が欲しくてローン組んだり、原付もローンで買ってから割りとすぐ盗まれ(ローンだけ残る泣)、もうこんなとこ嫌だ!と、すぐ後に引越しをしたっけ。仕事を辞めて実家に帰ったら、厚生年金から国民年金に…

散々な散財

恥ずかしい話、所謂マルチってやつに昔からよく引っかかっていた。20歳になった途端に、つまり自分で契約出来る歳になった途端に、色んな話がやってきた。よくある話だ。今も、ファミレスに三人組の一人がスーツ着てたら、あーマルチだなと思う。頑張れ!戦…

若気の至り6

再び付き合ってから一年経ち、Oは大学へ合格、私は就職し、年子の妹とアパートを借りて住みだした。美容師の見習いは忙しい。店は10時開店なので9時に店に入って、終わって帰るのが22時や23時。あの頃はそれが普通で、当然Oと会う時間も減る。ここから先…

若気の至り5

私達は話しをする為に、喫茶店へ入った。他に客は居なかった。「もう一度付き合おう」私を貶める内容の酷い手紙や、ストーカー紛い(その時代にはストーカーという言葉はなかったが)の事をしていながら、Oはそう言ったのだ。嫌だとハッキリ言えば解決だ。だが…

若気の至り4

なんでコイツが此処にいるんだ?私の心臓は早鐘を打っていたが、知らない人間のように無視して通り過ぎた。怖かった。その頃仙台には美容学校は2校あったのだ(今は私の卒業した学校はない)が、どちらの学校か何故知っているのか?いや、美容学校に行くこと…

若気の至り3

自殺未遂を起こされて、見ず知らずの他人に責められ、心では悪態をついた私だが、さすがに経験の少ない高校生である。段々このままでいいのだろうか・・・と不安になってきて、とうとう親に相談することにした。勿論、両親さらに祖父母も吃驚。その後、親が相手…

若気の至り2

Oさんが、一度 石巻まで来たことがあった(栃木から!)。しかし、会うと決まった後に、色々思案し、やっぱりやめようと、断りの電話をかけた。すると、「どれだけスケジュール調整してると思ってるんだ!」とキレ気味に言われ、罪悪感を感じた私は結局会うこ…

若気の至り

これから、もの凄ーく恥ずかしい話を書こうと思う。私がまだ 花も恥じらう10代の頃のお話。ツッコミどころ満載だと思うけど 、ボチボチとお付き合い下さい。笑って頂ければ幸いです。 私がまだ箸が転んでも可笑しい、高校2年生の頃。恥ずかしながら、文通と…

神戸在住になった訳。番外編3

「なんで一緒に連れて行ってくれなかったの!友達だって知ってるでしょ?!」 それは私の八つ当たり。理不尽な怒りに対して、彼は謝ってくれた。 「そんなに好きだったんだな」 そう言われたが、好き・・・?違うよ、とその時は思ったが、やっぱり男女の好きでは…

神戸在住になった訳。番外編2

私が神戸へ飛び出したのが、1992年10月16日。 この日のほんの少し前に、男友達が交通事故で死んだ。 9月23日だったから、ひと月も経ってなかった。 その子は高校の同級生で、小柄で仔犬のように私の周りでウロウロして、卒業後もよく遊んでいた。告白もされ…

神戸在住になった訳。番外編

ジローさんと出会った時、私には彼氏がいた。この人のことを、心底傷つけたと思っているので、記憶から消してしまいたい。 だが、私が最低のクソ女だということがやっと腑に落とせたので、この彼の事と、それに纏わる出来事を書こうと思う。 仙台から仕事を…

神戸在住になった訳。最終回

その噂は、ジローさんと同じ団地に住んでいるお客様から届けられた。 そのお客様をカットしている間に 色々話しをしていると、その方がジローさんの実家と同じ棟に住んでいるのを知って、好奇心から聞いてみた。 「***って人 住んでますよね?」 「うん、…

神戸在住になった訳。15

段々とジローさんから気持ちが離れていった私。 先生夫婦と仕事をして、家に帰っても気を遣う生活。あの頃はよく 「上を向いて歩こう」を歌って帰ったっけ。「涙がこぼれないように~」ってとこでいつも泣きたくなっていた。昔の住み込みで修行してた美容師…

神戸在住になった訳。14

再び神戸へ戻ることを決めた私に、両親は何を思っただろう。 馬鹿な娘と思ったかもしれない。 今は知る由もない。(怖くて聞けない・・・聞いたかもしれないが忘れた) 再びジローさんと暮らすことは出来ない。 前のように先生の家へ居候させてもらうことになった…

神戸在住になった訳。13

田舎でのんびりした私は、神戸での生活がまるで夢だったように感じていた。 どうしよう、もう帰りたくない。 でも、自分だけ震災や面倒事から逃げてきた罪悪感があって悩んでいた。 私がこのまま神戸へ帰らずジローさんと別れたら、ジローさんの家族や、先生…