私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

肌遍歴

続・肌遍歴

年女であった戌年が終わり、明けて2019年を迎えた。今年は49歳になる。 49歳・・・さらに来年は50歳(当たり前)。なんてこった、パンナコッタ。 あれだけ遠かった未来が目の前じゃないか。 細木数子の占いなら私は50までの命らしい。零合星人だから?今の自分を…

肌遍歴⑤

吹き出物が出てから色々な化粧品を試した。※勤めていた会社のエステサロンで使っていた「カリタ」・・・申し訳ないけど全く変化を感じなかった。※カネボウ化粧品のニキビ用シリーズ・・・皮脂を取るというものだった。だが吹き出物は出たけれど、本来オイリー肌で…

肌遍歴④

美容学校から始まった吹き出物。その後、美容室へインターンに入るが、一向に治る気配がなく。それも当然か。 新しい事を覚えるのに一所懸命だった。怖い先輩達の(愛ある)厳しい指導、立ちっぱなしの足腰への(65㌔の)負担。ストレス解消法は食べる事。この頃…

肌遍歴③

高校を卒業して美容学校へ入学、寮生活が始まった。寮といっても3DKの古いマンションで、そこに主に岩手から来た8人の同級生と共に暮らすことになった。六畳二間に三人づつ、四畳半に二人と別れ、自分のスペースは布団の上。 いくら大家族育ちだからといって…

肌遍歴②

東北でも太平洋側、つまり雪は少ないが風が強い地域で育った私は、子供の頃にはアルプスの少女ハイジと言われるくらいホッペが真っ赤だった(●´ω`●) 何故なら霜焼けが出来ていたから。部屋の中の温度計がマイナスを指すくらい寒い家で育ったら、まぁそうなる…

肌遍歴

今はアラフィフ。皮膚のタルミ、ほうれい線に悩むお年頃である。だがしかし、それでも18歳から21歳の3年間よりはマシである。 あの頃の私は、それはそれは見られたもんじゃなかった。 この時期の私の写真はない。 記憶から抹殺したかったのだろう(実際、美容…