読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

神戸在住になった訳。2

かかってきた電話の相手は、高三の時に知り合いだった男の子で、「今 神戸で仕事してる、遊びに来ないか」というものだった。

「えーでもお金ないし」というと、飛行機代を出してくれるという。
ラッキー♪と思って、行く約束をした。一泊だったけど、旅行なんて久しぶりだ。(因みに未だに海外に行ったことがない人間である)


その男の子と一緒に住んで居たのがジローさんだった。

彼らは高校を卒業後、千葉の会社で同期で働いていたそうだ。

ジローさんは千葉の会社を辞めた後、 床張りの自営業をしていた父親と一緒に仕事をしていた。

私の知り合いは、バブルに乗っかって、何か仕事を始めたらしいがすぐ駄目になり、たまたま電話したジローさんに、そんなら一緒に働かないかと誘われて神戸へ行ったらしい。

多分、知り合いは寂しさから、いろんな人に電話したんだろう。たまたま私が、実家に出戻っていた時期だったのだ。

タイミングだったのか、運命だったのか。

今思えば、喜劇の始まりだが。


続*