読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

神戸在住になった訳。10

今思えば無茶だが、テレビをつけてみたのだ。

すると電気がまだ通っていたらしく、画面が明るく光った。

そこに映し出された光景。

ここは何処だろう?
倒れた阪神高速、煙が上がる街。
バラバラとヘリコプターの音、興奮したアナウンサーの声。

不思議なもので、部屋の中は滅茶苦茶に散乱し、ドアを開ければ 倒壊した家屋が広がる。
この目で確かに見たはずの光景が、テレビの画面を通すと、まるで他人事のように感じるのだ。
あんなに怖い目に遭ったのに!

忘れない、あの感覚。



それ以降、電気もガスもダメになった。
とりあえず私は店(美容室)に行ってみた。(近所なので歩いて行った)
そこまでたどり着くまでの短い道程でさえ、一体ここは何処だっけ?と思うほどたくさんの家が崩れていた。

店は地下だったが、先生家族は同じビルの5階に住んでいた。そしてそのビルは、見れば斜めに傾いていた。

物凄く不謹慎なのだが、私はこの時 「もうここで働かなくていいんだ」と思ったのだ。
まず初めに考えたのはそれ。先生達の安否じゃなかった。人間として終わってると思うが、本音だった。


先生家族は、みんな無事だった。

ジローさんや先生や男の人達は、家屋が崩れて生き埋めになった人達を助け出す手伝いをしていた。

私は何をしていたんだろう?

近所の文化住宅で火の手が上がっていたが、ただ茫然と観ていた。水を運ぶでもない、ただ観ていた。

それから?

とりあえず 食料が必要だろうと、コンビニが開いていたので並んだ。
その時に、「日本人って偉いな、」外国なら強奪だよな。並んでちゃんとお金まで払って。日本人で良かったな」と思った。

店員さんが、電気がきてないからレジを使えず、人がたくさん並んでいるから、焦って計算も適当で、「多分だいたい三千円くらいかな」と言ってても、皆ちゃんと払っていく。
そうか、実は皆パニックだったのかな。でも 凄いよね。

 

一日だけ避難所の小学校に居た。
寒かったが、皆でその辺から瓦礫を拾い集めて、火を焚いていた。キャンプファイヤーみたいだった。また不謹慎だが、妙に楽しく感じた。

 

二日目からはアパートに戻り、暫く過ごした・・・のかな?
いや、ジローさんの実家に身を寄せさせてもらったんだったか。

震災で酷かったのは海手の方で、神戸の山手は揺れはしたが倒壊はあまりなく、殆ど無事だった。ジローさんの実家は、その山手にあったから。

 

そこから、段々とジローさんと私の関係は
変わっていったと思う。

続*