読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

神戸在住になった訳。12

地震が起こったのが1月17日。

電車(JR)が通るようになったのは、確か2月25日くらいだったか。

今 思い出そうとしても、何日間どこにいたかとか、細かいところは思い出せない。

 

電車が通るようになってから、一度田舎に帰って家族を安心させたい、だから帰らせて欲しいとお願いした。

ジローさんの家族は、渋々だったのかどうぞどうぞだったのかは覚えていないが、私は宮城へ帰ることになった。

 

電車に乗って、大阪駅へ着いたとき、神戸との余りの違いに驚いた。

全くの普通の生活。
地震が来る前の、普通の生活。

いや、もうジローさんの家では、電気も水道もガスも普通には通っていたけれど、そうじゃない。そういうのじゃない。

 綺麗な服を着た女の子達、化粧をしたおば様達。美味しそうな食べ物、楽しそうな音楽。

別世界。

本当に一部だけ、酷い目にあったのは神戸だけ、そこに住む人達だけだったんだなぁと実感した。

 

それから 飛行機で帰ったんだっけ?新幹線で帰ったんだっけ?それも覚えていない。

ただ、帰った。
しがらみや、農作業や、退屈が嫌で嫌で仕方がなかった田舎へ。

ホッとした。

 

皆、生きてて良かったね、帰れて良かったねと言ってくれた。

東北はこれから春になる季節。
「山笑う」の季節。


私はもう、神戸には帰りたくなくなっていた。

 

続*