私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

散々な散財6

前回はホメオパシーに散財した話。

初めて出会ったホメオパスさんが何度目かのセッションのときに
「今、シータヒーリングのインストラクターコースを受けてて、それが終わったらセミナー出来るんだ」と言ったので、私が
「シータヒーリングってなんですか?」と尋ねると、そこでチョコチョコっとやってくれた。

またまた、面白そう!とかぶりつきの私。

自分が楽になるなら何でもやりたい!とその頃思っていたから、そのホメオパスさんがシータのセミナーをやりだしてから、DNA応用コースまで受講した。

第七階層と繋がり、無意識の思い込み(信念)を書き換える、というのがシータヒーリングだ(ざっくりです)。そして確かに書き換えられたどうかは、Oリングテストで判断する。
受講したあとは、色々なことが凄く楽になるような気がして楽しかった。

私は元々霊感もなく、何かが観えるというタイプの人間ではない。
だから、シータヒーリングで相手の「問題」の解決策が観えるというのがわからなかった。

例えば第七階層に昇っていく自分の姿を「想像」することはできる。
が、相手の問題の原因を「想像」で判断していいのだろうか?と不安になる。
間違っていたら?観えた(ような気がした)ことを相手に話して、相手を傷つけたら?
自分を信じられなかったのだ。観える人なら、自信を持って伝えられるのだろうが。

シータヒーリングは自分を癒すには、とても素晴らしいツールだと思う。想像でいいのだから。イメージするのは大事だと思うし、事実、想像することで、自分の世界を創造しているんだろうから。

私が続けられなかった原因は・・・・酒。

飲んだらできません。脳ミソを使うことが出来なくなりますから。そして、第七階層と繋がれません。(リラックスするとすぐ眠くなりますし)
アルコール依存症を治すためにセミナーを受けたはずなのに(ホメオパシーでも酒を飲まない人間になりたいと言ってレメディを処方してもらっていた)、酒はやめれなかった。

本末転倒。

セミナーやセッションに出るたびに、駄目な自分が浮き上がってきて、余計に酒に走っていた感はある。

何がしたいのか、どうなりたいのか、最初の目的はなんだったのか、忘れつつあった。
ただ散財するのみ・・・


シータヒーリングに参加している人の繋がりから、次は・・・キネシオロジーを体験した。


*続