読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

散々な散財9

前回はOhカードについての話。
間があいてしまったが、なかなか書き始められなかった。やはり、恥ずかしい話だからか?それともまだ笑い話に出来ないからか?


承認欲求

私には「承認」して欲しいと思う相手が3人いた。
一人は母親
一人は旦那
もう一人は奥さん(私は夫婦ふたりで経営している美容室で働いていて、そこの奥さん先生のこと。詳しくは【神戸在住になった訳】参照)[http://www..com/

母親と旦那に対しての承認欲求は、紆余曲折を経て解消された。
だが、それはこれから書く「散財話」の最中にではない。もっとずっと後からである。


私はこの三人のせいで、いつも不満だった。
三人の内の二人と上手くいっているなぁ、ちょっと楽しいなぁと思い暮らしていると、必ずと言っていいほど一人と上手くいかない。何かしら腹が立つことが起きたり、ガッカリする事が起きたり。
とにかく、私はいつも「不満」を抱えていたのだ。(今は不満という言葉に変換出来るが、当時は自分の気持ちが分かっていなかった)

その時は、奥さんに言われた一言が、私をまた「自分はダメな人間なんだ・・・」という気持ちにさせ、「もう嫌だ、こんな自分をなんとかしたい・・・」と、新たなセミナーを探すきっかけになった。

なんと言われたか?
「あんた人から分かりにくいって言われるやろ?」
言葉にすればたったこれだけ。何故こんなことで?と思うだろう。それは心が健康な人だ。
当時 分かりやすく楽しい人間になりたくて努力していた私には、心底ガッカリくる言葉だったのだ。
「分かってもらえてなかったんだ・・・」
私の努力は無駄だったのか?
私のやってることはおかしいのか?
「こんなにあなた達の為に頑張ってるのに!」
なのに認めてもらえない。

私の世界は狭かった。
井の中のカワズだった。
今もそう変わらないけれど。

ここまでが前振り。


*続