読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

散々な散財12

散々な散財
【ビジョンセラピスト専門学校】

ビジョンセラピストというものになるべく、計何回通ったんだったか・・・。自分の記憶力に呆れるが、忘れたい記憶というのはそういうものかもしれない。

毎回10人くらいの女性達と、自分が受けたリーディングセッションの内容を勉強していくのだが、これが楽しかった。自分は特別なことをしているという優越感のなせる技か。

知らない人と自分の過去や感情を共有し、笑ったり時々泣いたり、私達は変わっていくのだ、いずれ人の役に立つのだという高揚感があった。

しかし、一回の講習(10:00~17:00)に50,000円(消費税別)!始めたからには、終わるまでやらなければ。そうだ、確か計10回だった。それで50万(消費税別)!

卒業したら、お客さんを見つけて元を取らなければ、借金だけが残る・・・卒業が近くなると、本当に出来るだろうかと心のどこかで不安の種はあったが、それを見ないようにしていた。

決められた卒業の日、講習最後の日は日曜日だった。もちろん仕事だったが、子供が熱を出したことにして、休んで参加した。私にしては凄い度胸だ。

そして無事、資格を習得した訳だが、そこはまだスタートラインでしかない。

フルセッション(パーソナルカラー、ヒューマンデザイン、キャラクター全て)を5人に行ない、お代(50,000円(消費税別)を頂いた時に「認定ビジョンセラピスト」と名乗れるとのこと。


「元をとらなきゃ!」

元来、自信がないからそういうセッションを受けに行ったのに、私にはお客さんからそんな高額を受け取る資格があるなんて、思える訳がないのだ。

だが、やらなければ。50万以上の借金を返せない。

教わったように、アメーバにブログを作って、無料セッションの募集をして、読者登録やペタ、拙いブログも書いた。

しかしこれも、結局は先生を儲けさす為のものだ。事あるごとに先生の名前を出すのだから、読んでくれた人は当然、先生のブログに飛ぶ。そしてブログを読む。結果、先生のカモになる。当たり前だ。なりたてのペーペーセラピストより、経験を積み重ねてきたセラピスト大先生様に頼みたいわな。

結局、お客さんが来ることは一度もなかった(無料はひとり二人あったかな)。

とてもそれに見合ったものを提供できるとは思えなかったし、その金額を貰うだけの強い心臓は、私には初めから無かったのだ。


【ビジネスセミナー】
スクールが終われば、引き続きビジネスセミナーという名の集金が始まる。

さらに先生は新しい名前のセッションを打ち出して来る(多分、稼げそうな新しい何かの講座を受けていたんだろう)。

先生のブログを読んで あの人(同期生)も受けた、この人も受けてる、私もセッション受けなきゃ、あの中に入らなきゃ!と焦ったりして、益々いいカモになっていった。視野が狭いってこういう事で、あれだけ起こった事は「俯瞰」して眺めるって習っていたのに、何一つ生かせていないじゃないか(笑)

話しは逸れるが、私は女性ばかりで集まる時の方が、すごく身なりに気を遣う。

男性と飲むときなど、普通にGパンにTシャツでかまわない。気にしないし、気にならない。それは、一緒に飲む相手が私を憎からず思っているのが分かるから。どんなラフな格好でも、嫌わないと知っているからだ。

しかし女性との間だと、比べられている気がして怖い。そんな気持ちに負けない為に、服を買ったり靴を買ったりして余計な散財をした。さらに、講習は17時までかかり、家に着く頃には19時近くになってしまう。夕飯が遅くなるから、旦那と子供と馴染みの居酒屋でご飯を食べ、私が迷惑をかけているのだからと、私が支払う。

またまた余計な散財なのだが、講習を受けた日は高揚感があり、セラピストになったらガンガン稼げるという錯覚を起こしているから、気前が良くなってしまうのだ。

こうして、最終的に借金は180万ほどに膨れていった。


*続