私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

引き寄せの法則~さよなら大好きな人

私の方が好きで好きで、告白して付き合ってもらったメガネ男子をH君とします。

H 君と付き合う前は、阪神大震災後。以前 で書いた状態。
神戸在住になった訳 - 私の成分


 その頃、美容室の先生の新築の家(震災寸前に棟上げしていて、無事だった)に住まわせてもらっていた。つまり住み込み。

H君と付き合うようになったのは、その頃。同じ職場にM子ちゃんという子がいて、その子の旦那さんの弟がH君だった。
 M子ちゃんに電話番号を教えてもらって、電話をかけたんだったかな?(携帯電話のない時代である)
自分から付き合って下さいとお願いした。そんな事、中学生以来じゃなかろうか。

なんとか告白して、付き合うことになった時の嬉しさといったら!

 ずーっと舞い上がってた気がする。2年も付き合ったろうか?

その間に先生の家から引越し、気を遣わない生活を手に入れられてとても嬉しかったし、ワクワクした。

 
中学生のような恋愛から始まり、奥手のH君に、どうやってアレやコレやしてもらうか考えたり、
こっちからアレやコレやしたり(コレコレヽ(´o`;)。

 

ある時カメラを趣味にすると一眼レフカメラを始めたH君。

私も父親の古い一眼レフカメラを持っていたので、よくドライブしては二人で写真を撮っていた。

 
私の手には、沢山のヒデキ君が写った写真があった。今をたくさん残しておきたかった。

 でも、ヒデキ君が私を写す事は稀だった。「撮って」と言ったら撮ってくれる。そんな感じだった。

 その時は、この人は私をそんなに好きじゃないんだなぁ、興味がないんだなぁと感じて、とても寂しかったのを憶えている。