私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

君の往く道は4

美容学校を卒業する頃、進路相談で「エステがしたいのでそういう店がいい」とお願いしたところ、全国展開のエステサロン、「***deエステ銀座ワールド」(今は名前が違うはず)の美容室部門に就職することになった。

まずは東京で1ヶ月の研修。
もう随分うろ覚えだ。20年以上前のことだものな。
研修所が新宿にあって、京王線で二駅くらいの所に寮があった・・・はず。

東京で電車通勤する方達は凄いですね。凄まじい通勤ラッシュ。動けない・・・!息も絶え絶えでした。
私がもっと東京に興味があって、将来は東京で・・・!なんて考える人間だったら、とてつもなく楽しい期間だったかもしれない。
しかし、私はそういう人間ではなかったから、まぁまぁ辛かった。

その中で覚えている記憶。

同じ部屋のはず人が、元々東京の人(地方の人だったかもしれないが、既に東京で暮らしてた)で、寮に泊まらず、最後まで一人部屋だったこと。その部屋でTVがないからラジオを聴きながら本ばかり読んでいたこと。
死にそうな通勤電車。
外人の美容師さんのデモンストレーションのモデルになって髪を切ってもらったこと。
青山にあるソシエ関連のお店でオサレな美容師さん(女性)に髪を切ってもらったこと。
一人で渋谷へ行き、岡村靖幸(この頃大ファンだった)出演の映画を観に行ったこと。
夜に歌舞伎町でご馳走になったこと。連れて行ってくれた会社の偉い人(女性)が、歌舞伎町で働く外国人と親しげに話し励ましていたこと。
新宿駅から出てくる人、人、人・・・

とにかく初めて田舎をでた私に、東京はでかかった。

こうやって書いてみると、なかなか面白い記憶じゃないか。




.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*・°.*・゚ .゚・*..☆.。.:*・°.*・゚ .゚・*..☆.

つまらない昔話を読んで下さってありがとう。
もう少し続きます。




f:id:sorominoko:20161007205129j:plain

って言わないで