私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

愛の夢をくれ④

私にとっての「楽園」であるBARへ通い出して何度目かに、あの最初に観た常連さん(Nさんとする)に、会うことができた。

あれ・・・?印象が違う・・・。

そう、髪を切っていたからだ。

エレカシの宮本さん似と思ったのは、髪が長めだったからなのか。いや、やっぱり顔は似てるか?

私達は、お店が開く19時過ぎに、よく一緒になった。そこからずーっと日付けが変わるまで飲んでいた。


話は飛ぶが、このお店で知り合った女の子がいた。
看護師さんで、お酒が強くて、サバサバしてて、ボンキュッボン(古)のナイスバディで。
今思えば、この人も私と一緒で、ちょっとめんどくさいタイプだった。
サバサバしているけど、酔うと男性にしなだれかかる。「朝まで一緒に・・・」なんてよくあること。
今なら分かる、心の穴を埋めようとしていたのだ。私達はよく似ていた。

その彼女から、「あたしNさんのトコ、泊まってん」と聞いたときは、軽くショックを受けた。
明らかに彼女はモテるタイプだが、Nさんもそうだったのか・・・あの場所から[お持ち帰り]とかするんだ・・・

「でもさー、一緒の布団で寝たのに、結局なんにもなかったんよ。チューくらいはあるかと思ったのに」

そーなんやーと笑って応えながら、私の内に(負けたくない・・・)という気持ちが湧き上がっていた。

次の日店を訪れると、しばらくしてからNさんがやってきた。
私は敢えて聞くことはしなかった(聞いたってこと黙っててと言われていたし)が、Nさんの方から話しだした。

「この前ウチに〇〇さんが泊まっていったんですよ。ずいぶん酔ってて、帰れないって言うんで」(余談だが、Nさんは大阪生まれなのにベタな関西弁じゃなかったのも勘違いした所以である)
「へ〜、そうなんですか〜。いつも泊めてあげるんですか?」
と意地の悪い気持ちで聞いてやった。

どう答えたか忘れたが、「じゃあ、私も泊めてくれるんですか?」
と彼女への対抗心もあり、嫉妬心も入り混じりつつ、尋ねた。

「もちろんですよ」

(なーんだ、そうなんだ)
嬉しいような、ガッカリしたような。

私は他人に対し、この人はきっとこういう人だろうと、勝手に思い描いている節が大いにあって。

この時Nさんに対しては、良い方に思い描いていたから、(あの子に押し切られて泊めたんだろう)と決め込んでいた。

けれど本当は違っていたし、この先何年も続く【勘違い思い込み人生】のはじまりはじまり…の出来事だった。


f:id:sorominoko:20170423225643j:plain