私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

愛の夢をくれ⑦

Nさんと知り合った頃、私は付き合っていた人がいた。
愛の夢をくれ② - 私の成分

いわゆる不倫だったわけだが、他に良い人がいれば付き合ってあわよくば結婚…と思っていたし、それがダメでも35歳になったら田舎に帰ればいいと考えていた。

そんなだから、Nさんとつき合う時に前の相手と少しかぶってしまい、会っている所をたまたま見られるという出来事があった。

だからといってNさんに何か言われた訳ではなかったけれど、このことが15年引きずるとは思わなかった。

ボタンのかけ違いは恐ろしい・・・



f:id:sorominoko:20171109143320j:plain
ずーっと、この人は私のことを怒っていると感じていたし、圧迫感があるからすごく気を遣わないといけない人なのになぜ結婚したんだろう?
私はずーっと壁を感じていた。

だがしかし、プロポーズしたのは私なのだ。やっぱり酔ってたからなのかな?

「嫁にもらって」
「なんぼでももろたんで」

うん、完全に酔っ払ってた。
だから、その返事もあんまり信じられなかったのかもしれない。

本当に、なんで結婚したんだろう。
私はずーっとずーっと、15年間考えていたよ。