私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

肌遍歴②

東北でも太平洋側、つまり雪は少ないが風が強い地域で育った私は、子供の頃にはアルプスの少女ハイジと言われるくらいホッペが真っ赤だった(●´ω`●)
何故なら霜焼けが出来ていたから。

部屋の中の温度計がマイナスを指すくらい寒い家で育ったら、まぁそうなるわな。涙で濡れた頬が霜焼け、垂らした鼻水を手で拭い頬が乾燥・・・ってな感じで(笑)
実際、髪の毛濡れたまま自転車に乗って学校行ったら凍ってたっけ。

そんな環境だから、顔を洗ったら「ニベア」や「オロナインH軟膏」「ももの花」が定番だった。

ハンドクリーム ももの花C 70g

ハンドクリーム ももの花C 70g


話は逸れるが。
昔、今は国会議員の山本太郎氏がまだタレントだった頃、アラスカだったか、極寒の地のお宅でホームステイする番組があって、寝起きに顔を洗って外へ出ようとした太郎氏をご主人が止め、確か唾をグリグリと塗りつけるシーンがあった。

極寒の地では顔を洗わない。洗うと脂が取れてしまって顔に霜焼けやひび割れが出来るからと言っていた。

(´-ω-`)ナルホド
だから私らもクリームを塗られていたのだな。
今も冬は、朝は顔を洗わない。
田舎にいる間は特に手入れをしない…そうするとキメがすごーく細かい肌になるのだ。寒さが毛穴を引き締めるのか?


話を戻そう。

私は夏になれば真っ黒に日焼けしていた。
なにせ農家の長女だ。夏の間は農作業の手伝いに忙しく、また部活などでもガンガン太陽光を浴びていて、実際 自分は地黒なんだとずーっと思っていたくらい黒かった。

そんな私だが、時々ポツポツとニキビが出来るくらいで、高校生までは大した肌トラブルもなく過ごしていた。

高校を卒業する頃になると、今は有り得ないだろうが、大きな化粧品会社(〇生堂とかカ〇ボウとか)の美容部員のお姉さんが学校にやって来て、化粧品の使い方を教えてくれ、サンプルを配っていくというイベント(?)があった。これは地方、しかも僻地だけなのだろうか?

私の通う高校から大学へ行く人間は少なく、すぐ就職する人間の方が多かったのもあるだろう。
とにかく大人の仲間入り!とばかりにファンデーションを塗ってもらったり、口紅を塗ってみたり。今思えばお面のような化粧だったな。

だが 今までニベアだけだったのが、化粧水をつけて乳液をつけて・・・等々、田舎の女の子はワクワクしたものだ。(勿論、既に化粧してる子もいた)

しかし。
それからが私の、肌に悩む時代の始まりだった・・・





f:id:sorominoko:20180209223441j:plain


ハイジの時代