私の成分

今の私はこうやって出来あがったとさ。

肌遍歴⑤

吹き出物が出てから色々な化粧品を試した。

※勤めていた会社のエステサロンで使っていた「カリタ」・・・申し訳ないけど全く変化を感じなかった。

カネボウ化粧品のニキビ用シリーズ・・・皮脂を取るというものだった。だが吹き出物は出たけれど、本来オイリー肌ではない私の肌は、逆にカサカサになった上に赤みは消えなかった。

資生堂「プルミエ」・・・今はもう無いはず。「ノンコメド・生体適合成分」と大々的にうたっていた。
これが初めての無添加化粧品(香料なし、オイルフリー)だったと思う(いや知らないだけかも)。このプルミエの化粧水のお陰で、カサカサになった肌が一瞬で潤う様を見て驚き、さらに赤味も引いたのだ!化粧品の添加物にかぶれていたのだろうな。


1992年CM SHISEIDO プルミエ フェースアップウォーター 「『素肌』に、ひたひた、水分補給」 羽田美智子 - YouTube
YouTubeで探した。なんでもあるんだねぇ…



カネボウ「ブランシール」・・・シミをとるシリーズだったはず?妹がカネボウの美容部員だったので購入(今はどうか知らないが、あの頃ノルマが厳しかった)。確かカネボウの美白化粧品で皮膚が斑に白くなったりした事件。そのシリーズのはしりがこのブランシールだったような。
カネボウ化粧品の白斑事件とは?美白成分について気をつけること - 美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ
一番新しそうな記事。



ファンケル化粧品・・・今は大きくなってデパートにさえコーナーがあるファンケル。でもまだその頃は通販のみで、売りは蜘蛛の糸より細い繊維で出来た洗顔パフだった。
しかし通販ゆえの悲しさか思い込みの激しい自分のせいか、とにかくこのパフでガンガン擦れば綺麗になるのだろう綺麗になるぞー!と気合いを入れて、粉の洗顔料をほとんど泡立てもせずにブツブツと波打つ皮膚の、赤く膨らむ吹き出物を削りとろうとするかのように洗っていたのだった。

どうなったかって?


赤鬼みたいになったよ。

f:id:sorominoko:20180304081432j:plain
うっうっぅぅぅぅ・・・